信長の野望 スロット ゾーン

信長の野望 スロット ゾーン

Bloggerの推奨事項:

  • 大王 製紙 井川 現在
  • ギンヌンガガプ
  • amazon おそ松 さん
  • レギューム
  • ff13ー2
  • 不死と言っても肉体を持ち人間の様見える死者よりではなく、透けていたり浮いていたりする実体を持たない霊体側に近い不死である

    なのですぐに見ればバレる

    なおプルートも雰囲気的には似通ったところがないわけではないが、こちらは精霊、別種の存在である

    まあ死の精霊ということで墓地の近くに置かれている

    いや、死の精霊だから死者の近くに、という意味合いではなくその能力のやばさゆえにだが

    そういう点ではカシスも似たり寄ったりであり、それゆえに二人を隔離、同時に墓の管理を任せる形にしている

    「精霊!」「精霊なんだー! すごい!」「精霊に妖精にアンデッドに城の魔物に……なんだここ」「……そりゃあ秘密にするのも当然、というべきなのかな」 精霊にアンデッドに妖精に城魔、まあある程度知られている部分はあるかもしれないがアンデルク城に住まう諸々は色々な意味で特殊、異常、当然秘密にするものとなってしまうだろう

    「それで王様、いったいなぜここに?」「ああ

    用があるのはカシスなんだけど……プルートまで余計に出てくるとは」「別にいいじゃない

    あなたも好きかも:マリン ちゃん パチンコ
    ここで何していようが」「まあそうだけど……どうせ話せなくするんだし知られたところで害はないが……まあただの精霊としてか紹介していないし」 死の精霊であると紹介すると流石にちょっと危ないが、一応精霊というだけならそこまででもないかもしれない

    あなたも好きかも:赤坂 パチンコ バイト
    まあ精霊というだけでもだいぶ価値としては大きいが

    「カシス、呪いをこの三人にかけたい」「そうですか

    あなたも好きかも:ブラックジャック 創作秘話 zip
    公也様の言うことであれば私は従いますが……そういうのは本人の前で言うことではない気もしますが」「まあ、悪い意味で呪いをかけるつもりならそうなるけどな

    今回は相手に制限をかけることでこちらも秘密を打ち明ける、そういう形なんだ

    だからここまで来ているわけで」「……なるほど

    呪いによりできることもできなくする、だから教えても構わないということですね

    なぜここに連れてきたのか疑問に思っていたのですがそういう理由でしたか」 カシスはあっさり理解した