パチンコ 福岡 プラザ博多

パチンコ 福岡 プラザ博多

Bloggerの推奨事項:

  • パチンコリンク
  • 翔鶴改二甲
  • スロット 直視
  • サイボーグ 009 ゾーン
  • パチンコパチスロtv
  • ン、ちゃんと家にも帰ったし」「そうじゃないだろ」 ため息混じりに、少し腰を曲げて優樹の顎の方を覗き込んだ

    「……ケガ、大丈夫なのか?」「あ

    全然平気」「……、オレもよく、そこにケガしてたんだよ」「……」「暴れる子どもを押さえようとすると、子どもの手が顔に当たって爪で引っ掻かれるんだ」 優樹は「あー……」と分が悪そうに目を逸らし、軽く前髪をいじって頷いた

    「……うん

    ……引っ掻かれた」「カツヤだろ?」「……うん」「で? 幼等部で何があった?」「何って……」 真顔で問い詰められ、優樹は少し不愉快げに俯く

    あなたも好きかも:パチンコ屋 店休日 次の日
    「別に、カツヤ君と話しをしただけだから……」「なんの?」「……」「ムゴいことをしたって、そう言ったんだって? 立花から聞いた

    ムゴいことって何?」 優樹は口をとがらせ、視線を逸らして答えない

     背後で顔を見合わせているみんなの気配を感じながら、反町は大きくため息を吐くと、優樹の腕を掴んだ

    「行くぞ」 グイッと引っ張って強引に立ち上がらせると、優樹は腰を引きながら顔をしかめた

    「い、行くって……

    どこにっ」「幼等部」「い、行かないっ」「行く」「行かないっ」「行くんだ」「行かないったら行かないっ!」「行くんだ」 踏ん張る優樹の腕を強く掴み、引っ張ると、彼女はズルズルと足を滑らせた

     優樹はそれでも足を踏ん張らせ続けたが、反町の力が強過ぎる

    あなたも好きかも:オンラインゲーム あるある
    踏ん張る足も絡まり、結局、彼の根気に負けて歩く格好に――

    その二人のあとを、みんなは顔を見合わせて追った

    「離してよー!」 校舎から外に出て幼等部へと向かう道、優樹は、腕を掴んだまま引っ張る反町の手を外そうと彼の指を掴んだが、指一本掴んだくらいでは歯が立たない