パチンコ ダイナマイトキング ボーダー

パチンコ ダイナマイトキング ボーダー

Bloggerの推奨事項:

  • fate パチンコ
  • まりも スロット
  • 5ch ポイント
  • マジカルハロウィン5 解析
  • ブリュンヒルデ モンハン
  •  だから話の本筋を進めながら、回想シーンばかりが出てくる小説は破綻しやすいのです

    あなたも好きかも:パチンコ ぴーぞーん
     そもそも人間の脳は目にした順番に物事を憶えるように出来ています

     本筋が時系列どおりに流れているのに、頻繁に回想シーンを入れるとどうなるか

     回想シーンのたびに読み手は時系列のどこにあたるエピソードなのかを判断できるまで本筋の思考が停止します

     そして回想シーンが終わって本筋に戻ってきたら、停止していた本筋の砂時計を再度動かすことになるのです

     これは読み手の脳に多大な負担をかけます

     それほどの負担を何度も何度も強いられると、読み手は疲れ果ててしまうのです

     その疲れを快感に思う人も確かに存在します

    とくにミステリー小説ファンに多いのです

    あなたも好きかも:カジノ レイプ
     ミステリー小説は犯人を特定し追及する過程で、どうしても「現在と過去を行き来する」必要に迫られます

    ミステリー小説のファンはそのとき感じる脳の負担を「謎が深くて味わいのある作品だ」と解釈するのです

     だから聞き込みによって過去の情報が提示されるたびに「これはどんな伏線なのだろう」と脳の疲れを積極的に楽しみます

    あなたも好きかも:ジロウ スロット 動画
    大衆小説の読み手は 大衆小説はどうでしょう

    大衆小説の読み手はそこまで脳に負担がかかることを好みません

     それなら読み手をわざわざ疲労される必要があるでしょうか

    あまりに疲れ果ててしまうと「読んでいてやけに疲れる小説だな」と感じて読むのを断念してしまいます

     ミステリー小説ファンのように「あのときの疲れは病みつきになるな」と感じてくれれば、時間をおいて「その小説の続きが気になるな」と思い直して再び読み進めてくれるでしょう