スロット アルゼ アレックス

スロット アルゼ アレックス

Bloggerの推奨事項:

  • ノートpc ff14
  • パチスロ 中古 機
  • パチンコ ルパン三世
  • 麻痺属性強化
  • ff14 ルーレット
  • 康太の場合魔術というものに関わった経験も少なければ視野も狭い

    その為自分がいまマイナスにいるということに気付けないのだ

    「それに辛いのならあいつは実際真理に相談するなりするだろう

    今までそういうことはないようだし、何より今辛いのなら最初の時点で逃げ出している

    あいつは魔術というものに関わるのが嫌いでもないようだしな」それは康太が男だからというのもあるだろう

    魔法や魔術、とにかく不可思議なものにあこがれ、自分がそれらを行使することができる

    それは康太にとってある意味物語の中でしかありえなかったことだ

    その中に自分がいる

    あなたも好きかも:アイウィル スロット
    その事実そのものが康太にとって小百合の元から逃げない理由の一つになっているのかもしれない

    あなたも好きかも:パチンコ 打ち 方 釘
    女性陣三人の入浴が終わってから小百合は康太の下に向かっていた真理と文から場所は聞いている

    あなたも好きかも:演出 楽しい パチンコ
    二階のベランダのような場所にいるという事でその場に足を運ぶと康太は目を瞑り集中しながら魔術を発動しているようだった

    最初は魔力の扱いにも苦労していた中坊が随分とましになったものだなと、小百合は火照った体を冷ますついでにその場にたたずみ康太の様子を眺めていた

    どうやら今は魔術の同時発動を行っているようだ

    何度も何度も正拳突きをしてからそれを同時に放つ訓練

    発動時に何かつぶやいているところを見ると確かに呪文について教わったようだった

    今はただ呟いているだけにすぎないがそのうちその効果が出てくるだろう

    まだまだ先は長そうだなと思いながら小百合は小さくため息をつく

    「あれ?師匠・・・いたんだったら声くらいかけてくださいよ」「いやなに、随分集中しているようだったんでな