スロット まどか 天井

スロット まどか 天井

Bloggerの推奨事項:

  • 009 スロット
  • まほろ パチスロ
  • オンライン スロット 稼ぐ
  • バーチャルファイター
  • 星4サーヴァント
  • 元々風音を置いてどこかに行く気などさらさらないのだ

    (私だってね

    この世界に来て、リンリーさんの言うことだけ聞いて無気力に過ごしてたあの頃に戻るなんて、あんたがいない日々なんてもう二度とごめんなんだから) 弓花は心の底からそう思う

    あなたも好きかも:パチスロ まどマギ 黒セリフ
    「それにどうせあんたのことだし、負ける気なんてないんでしょ?」「まあね」 風音は頷く

    その表情はもういつもの風音そのものだった

    「なら問題なし

    あなたも好きかも:出水 ホテル スロット
    それに」 弓花が立てかけた槍を見る

    あなたも好きかも:パチンコ 羽島市 バイト
    「せっかく親方に見立ててもらった槍を持っておいて、見捨てて逃げ出すなんて真似出来るわけないしね」 そう弓花が言ったところで、風音が思い出す

    「そういえば弓花は親方の家に行ったんだよね

    このこと、聞いてなかったの?」 街の有力者である以上、この出来事を知らないはずはないと風音は思うのだが

    「うーん

    家じゃなくて仕事場だったんだけど、今思うと裏で騒いでたのがこのことだったのかも」(となるとこの親方の槍って、このことを見越した餞別だったんだろうなあ) と風音は考えた

    その上で弓花にオーガの件を口にしなかったのは逃げるという選択肢も許容してたのだろうと

    (…懐深いな、親方は) そして風音の中で親方への親密度が上昇したのだった

    名前:由比浜 風音職業:魔法剣士装備:鋼鉄の両手剣・レザージャケット・鉄の小手・布の服・皮のズボン・革の靴・ポーチレベル:17体力:50魔力:83筋力:18俊敏力:13持久力:13知力:26器用さ:15スペル:『フライ』『ファイア』『ヒール』スキル:『ゴブリン語』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚』『ゴーレムメーカー』『突進』『炎の理:二章』『癒しの理:二章』『空中跳び』弓花「随分急展開じゃないのさ」風音「ジローくんの人生ほどじゃあない」

    頭からつま先まで、温かい水の中にいる

    だけど呼吸は苦しくはなく、心地よくまどろみの意識の中にいられる